これも数年前からパチンコ業界が密かに取り組んできたこと

パチンコ業者の介護ビジネスがヤバすぎる!


パチンコ業者の介護ビジネスがヤバすぎる!老人を無料体験で依存させ、貯金を搾り取る手口とは

パチンコ業界の介護ビジネスに反発が相次いでいる。9月24日、兵庫・神戸市議会はデイサービス施設でのパチンコやマージャンを禁止する条例改正を可決した。

 この改正条例では「射幸心を煽る恐れのある遊技を常時行わせる」「賭博や風俗営業を連想させる広告を掲示する」などを禁止したもので、一部の介護施設が、系列のパチンコ店で遊技をさせていたことを問題視したもの。

 神戸市では、大手パチンコチェーン店が運営する介護施設で「無料パチンコ教室」「パチンコリハビリ体験」などと称して、入所者を自社のパチンコ店に連れ出し遊ばせていたことが問題となっていた。この施設に今年2月まで入っていた70代の父親の長男(36)は、「一度もパチンコをやったことがなかった父が突然、パチンコをやるための金が欲しいと言い出した。調べたら本人が持っていた約400万円の貯金がゼロになっていて、パチンコに使ったと言われた」と話す。

「なんでパチンコなんでやらせたのかと介護施設に抗議しましたが、施設側は『連れ出したのは、あくまで無料体験サービスのときだけだ』と開き直っていました。パチンコ店がすぐ近くにあって、そこに出入りするのを止めようともしなかったんです。介護業者が意図的に父をパチンコで散財させた悪徳商法としか思えません」

 こうした被害報告はいま全国的に広がっているが、現時点では神戸市以外で規制を敷いているところはなく、野放しのまま。都内のデイサービス業者も「アミューズメント型デイサービス」として、血圧や体温を測る健康チェックこそするものの、施設内では大半の時間をパチンコやマージャンで遊ばせている。ここでは架空通貨を利用しているため散財はないとしているが、施設から徒歩7分の位置に、系列のパチンコ店がある。

 介護施設側はあくまで「パチンコ店とは無関係」とするが、ギャンブル依存から多額の現金を使うパチンコ店への出入りにつながる危険性は十分ある。

 パチンコ問題に詳しい反対運動組織のメンバーによれば「規制強化でギャンブル性の高い機器が禁止され、客離れが深刻になっているパチンコ業界は、生き残り策になりふり構わぬ異業種荒らしが見られていて、中でも高齢者ターゲットは顕著。特に独り暮らしや介護施設にいる寂しい老人の年金が狙われている」という。

 

(日刊サイゾーより引用。続きは→http://www.cyzo.com/2015/10/post_24333.html

 

 

 

よく、地方のチェーンなんかで、店を半日〜終日閉めて、無料パチンコ体験とかやっていますよね。

 

あれの狙いはまさにコレです。是非、上記引用の記事の続きもリンクから読んで下さい。つまり、お年寄りがお金を貯め込んでいるのを知って、それを狙っているのです。

 

無料で体験させ、依存させ、お金を使わせる。

 

何を言いたいかというと、別にパチンコ業界の悪徳さを知ってもらって、みなさんに義憤を感じてほしいのではありません。

 

店は1回2回の体験レベルで客を依存させられるだけの自信がある

 

ということです。

 

広告

 

そうでなければ、1日の数百万〜の売上を飛ばしてまでそんなことしません。ボランティアじゃないのです。ビジネスですので、きちんと回収でき、且つ利益の出る見込みのある“投資”なのです。

 

なかなかやめられなくて悩んでいらっしゃる方に知ってほしいのはこれです。みなさんは休みの度に朝から晩まで、たった数回触っただけで依存してしまう、そんなよくできた恐ろしいマシンを、絶対に利益を出すハイテクなシステムの中で、打ち続けているのです。

 

 

 

 



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

あなたをもっとパチンコから遠ざける記事

パチンコ業界に於けるイメージ戦略の重要性
深夜になるとよくパチンコ屋さんのCMやってますよね。あれ、もしに書き起こしたりしてちょっと距離を置いて見てみて下さい。面白い発見がありますよ。
パチンコ屋の店員はお客さんのあだ名を考える
どの業界でもありますが、この業界のネーミングセンスはかなり光るものがあります。私が現役時代にあったものから、いくつかご紹介します。
パチンコ・スロットの遊技人口減少?
数年前からずっと遊技人口は減少の一途を辿っていると言われています。しかし……
パチンコ屋は台ではなく人で売上管理
雑誌や各メディアの影響で、みなさんきっと誤解されていると思うのですが、ぶっちゃけ事務所のモニターからは台なんて見ていません。
パチンコ業界がこれまでに流したデマ
これまで業界はいろいろと投資をして、市場に数々のデマを流してきました。その一部をご紹介します。
パチンコもスロットも負けさせているのではなく勝たせている
ここでは確率論のお話をします。確率的に言うと、実はお店は負けさせているというよりは、勝たせている、といえるのです。詳しく説明します。
パチンコ屋さんは心霊スポット?
これも昔からずっと言われていることで、それ系の噂は絶えません。
パチンコ屋のサクラ問題について
パチンコ屋にはサクラがいる……業界は絶対に認めませんが、遠隔操作問題と並んで、まことしやかに言われているパチンコ屋のサクラ問題。果たして本当にいるのでしょうか?
パチンコ屋の換金行為、警察は「知らない」
賭博行為が違法であるはずの日本で、警察はパチンコは賭博・ギャンブルではない、知らないという姿勢を貫いています。
パチンコ業界の内情を暴くスレに必ず湧く“工作員”
遠隔操作や顔認証やホールコンピューターの話題が出る2ちゃんねるのスレッドを荒らす、工作員の存在。
【2018年最新】「もうパチンコは絶対にやめたほうがいい」パチンコ屋現役店員の告白
2017年に決まった新規制だけはガチ!「もうパチンコ屋に行くヤツはバカだと思う」……知り合いの現役パチンコ屋店員から聞いた情報です。
規制でなくなる機種を打ってはいけない理由
業界にとって致命的な規制が迫った今、パチンコ屋は今までにないくらい容赦ない回収営業をしています。パチンコ屋現役店員の友人との会話の書き起こし第二弾です。