パチンコ業界の内情を暴くスレに必ず湧く“工作員”

必ずと言っていいほど荒れるパチンコ業界の内情告発スレ

 

 

「パチンコ、スロットをやめたい」

 

と、真剣に考えて情報を探していると、
2ちゃんねるなどの掲示板のスレに行き着くことがあります。

 

 

ああいうところって、
ブログやサイトにはないような
生々しい声が多いので面白いですよね。

 

 

もちろん、ガセも多いですが、
それでも読み物として、
ブログやサイトにはない面白さを持っています。

 

 

私もたくさん見ました。

 

 

 

しかし、ああいうところって、
必ず“荒れる”んですよ。

 

 

例えば、この記事でまとめた元スレ。

 

見てもらえばすぐにわかるんですが、
途中から見事に荒らしが登場しています。

 

 

彼らの正体は、

 

ネット工作会社のアルバイト

 

であることがほとんどです。

 

ネット工作会社とは

 

事業内容の性質上、
その存在が表沙汰になることはありませんので、
知らない方も多いでしょうが、

 

簡単に言うと、
ネット上にある自社のマイナスな情報に反論したり、
プラスな情報で塗り替えたりするサービスを提供する会社です。

 

利用している企業は多いと聞きます。
※某大手電器屋さんとか……

 

広告

 

勝手な想像ですが、
人件費と家賃の安い北海道(札幌)か沖縄あたりで、
コールセンターが好みそうな広めのオフィスを借りて、

 

そこでバイトや派遣を集めて、
ズラッと並べたリースのパソコンに張り付かせ、
一日中SNSや掲示板の監視をしているのだと思います。

 

パソコンのシマごとに1人ずつ、
これまたバイトで+50円くらいの時給の
リーダーなりSVがいて、

 

スタッフからの質疑応答や、
クライアント企業の担当者との
電話対応なんかをしているのではないでしょうか。

 

※あくまで想像ですので当たっていたら偶然です。

 

パチンコ業界も利用しているのか?

 

もちろん、ネット工作会社を利用していることを
明かす企業なんてありませんが、

 

以前、ピ……某大手ネット工作会社の求人に

 

「パチンコ、パチスロに詳しい人募集!!」

 

とありました。

 

 

その求人広告が、毎日激しく荒れていた
マ○ハンのスレに貼られた瞬間、
求人広告のページは削除された、
という露骨な事例もあります。

 

脱パチンコ系スレに於けるネット工作員の特徴

 

 

これまで、数多くのスレを見てきて、
工作員にはあるパターンがあることがわかりました。

 

@いきなり湧く

スレの途中からいきなり、爆発的に湧きます。
自然な展開では考えにくいことです。

 

これは、他のスレを落とすか
荒らしきった後で

 

「じゃあ○チーム、このスレ行って」

 

というSVの指示で、
5〜20名の工作員が一斉に流れ込んで来るからです。

 

※まあ、想像ですが。

 

A釘、ボーダー論、設定判別で勝っている

遠隔操作の話になると、
必ず攻撃してきます。

 

 

「養分乙www」

 

「証拠出せやwww」

 

「負けて悔しいからってwww」

 

 

そして自分たちは、
釘やボーダー論や設定判別で
今月○万プラス、といったことを述べます。

 

広告

 

現役時代は毎日遅番で
閉店後の作業までしていた私から言わせると、

 

釘やボーダー論で勝つなんて
オカルトもいいところです。

 

なぜなら、釘なんてまず調整しないからです。

 

 

私の店では、店長の上の課長クラスからしか
釘を触れなかったのですが、

 

今まで3回だけ、見たことがあるくらい。

 

それも数百台ある中の
3台くらいを、

 

「チョン、チョン、チョン……」

 

ってやる程度。

 

それらの台が翌日、
何かスゴイことになっているかというと
全然そんなこともなく……。

 

 

たしかに、ホールコンピューターが発売されるまでは、
本当に全台人力で釘調整をしていたんですね。

 

釘師、っていう専門業者さんに依頼するんですが、
それでも一日がかり。

 

だから昔はパチンコ屋さんに定休日がありました。

 

 

今は電磁石で回転率をコントロールできます。

 

右打ち機はともかく、普通の台なら、
それまで保留2個がやっとだった激渋台が、

 

大当たり中だけは吸い込まれるように
こぼれ球がチャッカーに入っていく……

 

なんて現象、きっとみなさんも
見たことがあるはず。

 

あれ釘調整じゃ説明できません。

 

 

ボーダーについても、
誰が考えた理論なんでしょうね。

 

たぶん“中の人”だと思うんですが、
おもしろいのは、

 

今日イチのハマり台も、
ブンブン回るということ。

 

頭のいい人というのは
どこの世界にもいるものです。

 

B在日朝鮮人の話を持ち出す

これも鉄板中の鉄板です。

 

コレ系の話は必ず、
口汚い罵り合いに発展して、
通りすがりの人に

 

「なんかこのスレ気持ち悪い」

 

という印象を強烈に与えられます。

 

広告

工作員の湧いているスレにこそ核心がある

 

結局そういうことです。

 

クライアント企業が

 

「ヤバいな」

 

と思うスレでなければ
ネット工作会社は手を出しません。

 

暇つぶしではないのですから。

 

 

ということは、
工作員が湧くスレには、
パチンコ業界が嫌がる情報がある
可能性が高いということです。

 

 

パチンコ・スロットをやめたくなるページでは、
そういうスレをわかりやすくまとめる記事も載せていきますので、
興味のある方は見てみて下さい。



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

あなたをもっとパチンコから遠ざける記事

パチンコ業界に於けるイメージ戦略の重要性
深夜になるとよくパチンコ屋さんのCMやってますよね。あれ、もしに書き起こしたりしてちょっと距離を置いて見てみて下さい。面白い発見がありますよ。
パチンコ屋の店員はお客さんのあだ名を考える
どの業界でもありますが、この業界のネーミングセンスはかなり光るものがあります。私が現役時代にあったものから、いくつかご紹介します。
パチンコ・スロットの遊技人口減少?
数年前からずっと遊技人口は減少の一途を辿っていると言われています。しかし……
パチンコ屋は台ではなく人で売上管理
雑誌や各メディアの影響で、みなさんきっと誤解されていると思うのですが、ぶっちゃけ事務所のモニターからは台なんて見ていません。
パチンコ業界がこれまでに流したデマ
これまで業界はいろいろと投資をして、市場に数々のデマを流してきました。その一部をご紹介します。
パチンコもスロットも負けさせているのではなく勝たせている
ここでは確率論のお話をします。確率的に言うと、実はお店は負けさせているというよりは、勝たせている、といえるのです。詳しく説明します。
パチンコ屋さんは心霊スポット?
これも昔からずっと言われていることで、それ系の噂は絶えません。
次にパチンコ業界が目をつけたもの
低貸コーナーの回収率を上げたことで、新規顧客の獲得が苦しくなった業界は、だんだんなりふり構わなくなってきました。
パチンコ屋のサクラ問題について
パチンコ屋にはサクラがいる……業界は絶対に認めませんが、遠隔操作問題と並んで、まことしやかに言われているパチンコ屋のサクラ問題。果たして本当にいるのでしょうか?
パチンコ屋の換金行為、警察は「知らない」
賭博行為が違法であるはずの日本で、警察はパチンコは賭博・ギャンブルではない、知らないという姿勢を貫いています。
【2018年最新】「もうパチンコは絶対にやめたほうがいい」パチンコ屋現役店員の告白
2017年に決まった新規制だけはガチ!「もうパチンコ屋に行くヤツはバカだと思う」……知り合いの現役パチンコ屋店員から聞いた情報です。
規制でなくなる機種を打ってはいけない理由
業界にとって致命的な規制が迫った今、パチンコ屋は今までにないくらい容赦ない回収営業をしています。パチンコ屋現役店員の友人との会話の書き起こし第二弾です。