刻一刻と近づくパチンコ屋終焉の時

今回の規制だけはヤバい!2017年下半期からパチンコ屋は本気の回収中

 

 

もう打ちに行っちゃダメ。
これを読んでいるあなただけでも助かって!

 

広告

 

先日、パチンコ屋の現役社員の友人と軽く飲みに行ったのですが、その時に非常に興味深い話を聞けました。

 

みなさんもよくご存知のとおり、2017年にかなり大きな規制が発表されました。

 

 

友人曰く

 

 

とくにスロットは完全にクソになる。1,000円あたり50回転くらい回るが、5時間で2000枚しか出なくなる。設定も1段階増えて、客はもっと勝ちにくくなるし、店も客からそんなに搾り取れなくなるので、スロットは完全に終わる。


 

 

じゃあ客はこれからCR(パチンコ)に流れていくのだろうか?


 

 

いや、CRも出玉が少なくなるしな。甘もライトミドルもミドルも全部。MAXタイプはもう店から撤去された。スペック上は普通に考えたら連チャンし得ない仕様になるよ。


 

 

MAX機は完全に姿を消したか。でもスロットならハーデスとかビンゴとかの旧機種も、みなし機で残ってるでしょ?ホールが新基準機ばかりになる前の今が打ち時ってこと?


※みなし機:検定期間3年+認定期間3年を過ぎても規制のグレーゾーンを突いてなあなあで設置されている機種

 

 

いやいや!もう今年(2017年)4月くらいから店は回収に走ってる。もちろん、いきなりやると露骨すぎて客が飛ぶから徐々にやってきて、今はパチンコの甘デジの客からすらマニュアルでガッツリ回収してる。とにかく客一人ひとりが超大事だから。


 

 

1パチの時と同じやり方か。じゃあ今はもう餌付けとかもしてないんだ?


 

 

減らしてる。来年(2018年2月以降)潰れる店もガンガン出てくるだろうし、以前より見込みが小さい。とにかく今は回収に徹してる。当たり回数削ってるから、ホールスタッフのシフトも削ってる。うちの店もいきなり「来月閉店!」とかありえる。


広告

それでもあなたはパチンコに行きますか?

上記の通り、パチンコ屋は今デジ羽根の客からすら回収するという方針で営業しているそうです。もう遠隔操作を隠そうともしていません。まるで焦るようになりふり構わず回収に走っています。

 

なので、もうほとんどの店は、今までのようにちょっと勝たせて餌付けして…といった甘いことはしていません。店を閉めることが決まっていて、廃業後の資金作りに奔走しているようにも見えます。

 

あなたはそれでもまだ行きますか?



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

あなたをもっとパチンコから遠ざける記事

パチンコ業界に於けるイメージ戦略の重要性
深夜になるとよくパチンコ屋さんのCMやってますよね。あれ、もしに書き起こしたりしてちょっと距離を置いて見てみて下さい。面白い発見がありますよ。
パチンコ屋の店員はお客さんのあだ名を考える
どの業界でもありますが、この業界のネーミングセンスはかなり光るものがあります。私が現役時代にあったものから、いくつかご紹介します。
パチンコ・スロットの遊技人口減少?
数年前からずっと遊技人口は減少の一途を辿っていると言われています。しかし……
パチンコ屋は台ではなく人で売上管理
雑誌や各メディアの影響で、みなさんきっと誤解されていると思うのですが、ぶっちゃけ事務所のモニターからは台なんて見ていません。
パチンコ業界がこれまでに流したデマ
これまで業界はいろいろと投資をして、市場に数々のデマを流してきました。その一部をご紹介します。
パチンコもスロットも負けさせているのではなく勝たせている
ここでは確率論のお話をします。確率的に言うと、実はお店は負けさせているというよりは、勝たせている、といえるのです。詳しく説明します。
パチンコ屋さんは心霊スポット?
これも昔からずっと言われていることで、それ系の噂は絶えません。
次にパチンコ業界が目をつけたもの
低貸コーナーの回収率を上げたことで、新規顧客の獲得が苦しくなった業界は、だんだんなりふり構わなくなってきました。
パチンコ屋のサクラ問題について
パチンコ屋にはサクラがいる……業界は絶対に認めませんが、遠隔操作問題と並んで、まことしやかに言われているパチンコ屋のサクラ問題。果たして本当にいるのでしょうか?
パチンコ屋の換金行為、警察は「知らない」
賭博行為が違法であるはずの日本で、警察はパチンコは賭博・ギャンブルではない、知らないという姿勢を貫いています。
パチンコ業界の内情を暴くスレに必ず湧く“工作員”
遠隔操作や顔認証やホールコンピューターの話題が出る2ちゃんねるのスレッドを荒らす、工作員の存在。
規制でなくなる機種を打ってはいけない理由
業界にとって致命的な規制が迫った今、パチンコ屋は今までにないくらい容赦ない回収営業をしています。パチンコ屋現役店員の友人との会話の書き起こし第二弾です。