とくにパチンコ情報誌が流しまくったひどいデマたち

パチンコ情報誌と一緒になって流していたトンデモなオカルト

 

主に雑誌などで言われている情報はどれも、
パチンコ屋さんを否定しない、良い内容ばかりです。

 

 

とくに初心者が多いパチンコについては、
昔からひどいデマが横行しているのが現状です。
例えばこんなのがありました。

 

広告

 

この演出が外れても200回転以内に“おわび”があるぞ!

 

 

だからヤメてはいけない!
打ち続けろ!

 

 

と、いうのです。
これとんでもないデマもいいところです。

 

実際はもちろんそんな事はありません。
本体の仕組み上にも、ホルコンの機能にも
そのような現象を起こすシステムはありません。

 

しかし、このデマの上手く出来ているところが、
200回転というところ。

 

200回転も回していれば、時間にして約1時間は経ちます。
その間に、シマに設定している時間単位の売り上げ目標を運よく達成していたり、
シマの稼働率が上がり、売上の見込みが立てば、
1時間に17回(当時)はあるホルコンの当たり抽選に引っかかり、
運よく当たることもあるからです。

 

広告

 

この目が出たらやめるな!

 

スロットの中には、内部状態を示す指標として
特定の出目をメーカーが指定している機種がありますが、
パチンコではまずあり得ません。

 

ホールコンピューターの抽選に於いてのみ
当たる当たらないが決められているパチンコで、
液晶に出た特定の出目でやめるやめないの判断をするのは
ナンセンスです。はっきり言ってまったく関係ありません。

 

瞬間瞬間がすべてですので、プレミアの次にアツい演出ですら、
まったく指標にならないのです。

 

パチンコはコース全体でひとつの機械のようなものなので、
台単体で何が起ころうと、現状ではその台の次の挙動など予測することは不可能。
もちろん突確(小当たりから突入する確率変動)に入れば次は当たりですが(笑)

 

そう。これも、お客さんに1,000円でも多くサンドに突っ込ませたい
業界関係者が流したデマだったのです。

 

 

 

その他にも、ほんとお客さんをバカにしているとしか思えないような
ひどいデマがたくさん出回っています。
事実、関係者やパチンコ業界の幹部などは、お客さんを完全にナメきっています。

 

あの手この手で、パチンコやスロットは完全確率で、
負けるのは運が悪いからだ、と思ってもらえるように印象操作をしているのです。

 

 



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

あなたをもっとパチンコから遠ざける記事

パチンコ業界に於けるイメージ戦略の重要性
深夜になるとよくパチンコ屋さんのCMやってますよね。あれ、もしに書き起こしたりしてちょっと距離を置いて見てみて下さい。面白い発見がありますよ。
パチンコ屋の店員はお客さんのあだ名を考える
どの業界でもありますが、この業界のネーミングセンスはかなり光るものがあります。私が現役時代にあったものから、いくつかご紹介します。
パチンコ・スロットの遊技人口減少?
数年前からずっと遊技人口は減少の一途を辿っていると言われています。しかし……
パチンコ屋は台ではなく人で売上管理
雑誌や各メディアの影響で、みなさんきっと誤解されていると思うのですが、ぶっちゃけ事務所のモニターからは台なんて見ていません。
パチンコもスロットも負けさせているのではなく勝たせている
ここでは確率論のお話をします。確率的に言うと、実はお店は負けさせているというよりは、勝たせている、といえるのです。詳しく説明します。
パチンコ屋さんは心霊スポット?
これも昔からずっと言われていることで、それ系の噂は絶えません。
次にパチンコ業界が目をつけたもの
低貸コーナーの回収率を上げたことで、新規顧客の獲得が苦しくなった業界は、だんだんなりふり構わなくなってきました。
パチンコ屋のサクラ問題について
パチンコ屋にはサクラがいる……業界は絶対に認めませんが、遠隔操作問題と並んで、まことしやかに言われているパチンコ屋のサクラ問題。果たして本当にいるのでしょうか?
パチンコ屋の換金行為、警察は「知らない」
賭博行為が違法であるはずの日本で、警察はパチンコは賭博・ギャンブルではない、知らないという姿勢を貫いています。
パチンコ業界の内情を暴くスレに必ず湧く“工作員”
遠隔操作や顔認証やホールコンピューターの話題が出る2ちゃんねるのスレッドを荒らす、工作員の存在。
【2018年最新】「もうパチンコは絶対にやめたほうがいい」パチンコ屋現役店員の告白
2017年に決まった新規制だけはガチ!「もうパチンコ屋に行くヤツはバカだと思う」……知り合いの現役パチンコ屋店員から聞いた情報です。
規制でなくなる機種を打ってはいけない理由
業界にとって致命的な規制が迫った今、パチンコ屋は今までにないくらい容赦ない回収営業をしています。パチンコ屋現役店員の友人との会話の書き起こし第二弾です。