こういう人と同類だと思われたいですか?それともパチンコ・スロットやめますか?

パチンコ屋であなたはこういう人たちと同じ空気を吸っている!

 

ここでは、パチンコ屋で見たヤバい人についてお話しします。

 

 

 

「パチンコ・スロットをやめよう!」

 

と決意された方は、
こういった人たちとの縁も断ち切ったことになるので、
本当に大正解です。

 

なぜなら、細菌やウィルスと同様、
同じ空間を共有する人間同士で、思考やバイオリズムも伝染するからです。

 

これは科学的にも証明されていて、
実際に同じ部屋で暮らす女性の生理周期が同調したり、
うつ病の人と普通の人を同じ空間で過ごさせると
みんな鬱っぽくなったりといった研究結果があり、侮れません。

 

 

 

「他人のふり見て我がふり直せ」

 

ではないですが、
こういう人たちの事例を読んで

 

「こうはなりたくないな」

 

と思っていただき、あなたが次にパチンコに行きたい衝動に打ち克つ一助になれば幸いです。

 

 

 

私が店員時代に見たものや、
客として行った店で見たもの、
また、読者様から頂いたお話から紹介しますので、
ぼかしは入れますがすべて実話です。

 

 



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

パチンコ屋で見たヤバい人記事一覧

あれは夕方のハネモノのシマでした。50代と思しきそのおっさんは、終始激しい貧乏ゆすりをしていて、見るからに負けが込んでいるようでした。まあ、パチンコ屋ではよく見る光景ですよね。とくにジャグラーとかハネモノのシマには多い。そういうお客さんは、なけなしのお金(本来手を付けてしまっては生活にもろ支障が出るお金)を祈るような気持ちで増やそうとしている負けが膨らみすぎて奇跡の大逆転を狙っているのどちらかです...

これは、私が店員時代(最初期)に実際に見たお客さんです。なにかと接客について厳しいお店で、新人の私はやっと勤務時間中ぶっ通しで出入り口で大声で挨拶をするという苦行から開放されたばかりでした。「いやパチ屋に来るお客さんは接客とかぜんっぜん求めてねーから!!」……と今では思います。それならまだ若くて可愛い女性スタッフを雇って、それなりに露出の多い格好をさせたほうが何倍もマシです。(客としての個人的意見...

パチンコ屋の新人時代、やっとホールを一人で回り始めたばかりの頃のことです。忘れもしない、CR新世紀エ○ァンゲリオンSFの導入日でした。その日はひっきりなしにシマの大当たりランプが光っていました。でも見に行っても誰も当たっていない……。※「ドル箱を替えて」と呼ばれるかもしれないので,、お客さんを待たせないように先回りする決まりでした。そうです、いわゆる突確というやつです。普通に考えて、新台だろうがな...

僕の働いていたお店には有名な老年男性のお客さんがいました。いつも作業着みたいなベージュのズボンに色あせて黒板消しみたいな色になった黒いTシャツを着ていて、身長は低く、だるまさんのようなギョロッとした顔の上に短い白髪をたたえ、腕を組みながらゆっくりとパチンココースを巡回しているのです。顔は広いようで、常連さんやいろんなお客さんとよく話しています。しかも、腕に自信があるのか、時折、台の釘を指差して何か...