大手パチンコ屋でも行われるマニュアル的な”遠隔操作”

スロットを打っているとかなりの確率で見かける光景ですよね

 

 

 

そんなものオープン前にやれよ

 

 

……と、みなさんきっと思っているでしょう。
何故かそれまで誰も座っていなかったシマに突然店員が来て、
台を開けてホッパーのメダルを抜いていく。

 

店員が、ヒマだからやっているのではなく、
あれはインカムを通じてきた事務所からの指示で行われます。

 

 

絶対に気づかれていると思うんですが、
そうです。これ間接的な遠隔なんです。

 

広告

 

これをされると、

 

 

一気にシマ全体の活性が無くなり、
回収モードになります。

 

 

たとえ当たっても、伸びません。
それまで爆裂していたイケイケの台も死んだように静かになります。
当たっていない台は天井までいく確率が跳ね上がります。

 

 

これは、万が一の場合のログも残らない、
非常にナチュラルなマニュアル操作なのです。

 

広告

 

でもちょっと待って!
自分の座っている台のシマの対面にそれが来たからといって、
じゃあ自分のシマが無事というわけではありません。

 

店よってはシマ単位で根幹のグループ構成をしていることがあり、
そのシマのホッパーを軽くすることで、対極のシマで回収が始まることがあります。

 

結局、手中で踊らされているだけなんですね。



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

あなたをもっとパチンコから遠ざける記事

パチンコ屋の高性能顔認証システム
とっても身近で意外な某有名メーカー製の高性能画像セ○シング機能搭載の防犯(?)カメラで完璧な収支管理
【画像】パチンコ屋の顔認証システムがヤバい
顔認証でいったいどのようなことができるのか。想像を上回る驚くべき機能の数々と、ホールがお客をどのように見ているのかがわかる話。
パチンコ・スロットのホールコンピューターによる管理
パチンコもスロットも今はすべて、あの、パチンコ史上最も有名な女の子の所属している会社が作ったホールコンピューターで当たりを管理しています。
パチンコやスロットの遠隔操作は都市伝説なのか?
業界が毎年30兆円という膨大な利益を安定的に出し続けてこれたのは、他でもなく遠隔操作及びホールコンピューターのおかげです。
パチンコ屋の求人広告に載っていた遠隔の実態
とあるパチンコ屋の求人広告に、あるホールの管理職が思いっきり遠隔操作をしていることを思わせる内容を書いてしまい、即ページが削除されたというマヌケな話。
パチンコ屋の店員はインカムで何を話している?
こちらを見てインカムでボソボソ……。あれって何を話していると思いますか?
パチンコやスロットのマニュアル操作について
いわゆる巷で「遠隔」と言われているものです。都市伝説なんです!都市伝説なのでみなさん信じないで下さいお願いします!
パチンコ屋のカードシステムの真実
今は何処のお店でも、サンドに高額紙幣を入れても残額をカードにして台移動が出来るようになっていますが、果たしてその本当の目的は……?
パチンコやスロットの低貸コーナーについて
最近、どこの店でも低貸コーナーがありますよね。新規オープンの大手で時々等価専門店というのもありますが、結局は低貸を導入することになっているのをよく見かけます。
パチンコ屋における客の“アップグレード”について
これまでめちゃくちゃ突っ込んで負けが込んでいるお客さんは“アップグレード”を受けることがあります。アップグレードされるとどうなるか。
パチンコ・パチスロの新基準について
2016年末からパチンコ・パチスロに新基準が導入されました。このサイトのアクセス推移にみる、新基準のリアルな実態とは?