パチンコ、スロットいずれも一見の若い男性客には負けてもらう傾向

パチンコ屋の経営鉄則「一見の若い男にはまず1,500枚以上負けさせろ」

 

 

負けて頂くようなオペレーションをします。

 

金額にして約3万円〜が目安。
理由は働いて稼ぐにも節約でひねり出すにも難しい金額だからです。

 

そう、パチンコかスロットで取り返すしかない金額です。

 

 

「え、一見さんなら勝たせてまた来てもらった方がいいのでは?」

 

 

とよく思われがちですが、実は初回で勝たせるとかえって

 

 

「次は回収されるかも。こわいこわい……」

 

 

と思うかどうかはわかりませんが、統計データ上、再来店はさほど見込めないのです。

 

広告

 

逆に、初回で負けさせることで、
そのお客さんが悔しくて取り返しに来るかどうかはわかりませんが、
ぶっちゃけそんなことは重要ではありません。

 

次来てくれるかどうかわからないからこそ、
この1回の来店で少しでも常連さんへの回収分をキッチリ頂くことが重要なのです。

 

とくにお正月やゴールデンウィーク、あとはお盆などの連休中は
一見さんがいつも以上に多いのでガンガン回収します。

 

店はお客さんを生かさず殺さず飼いならしたいのに、
通ってくれなければ意味がありません。

 

なので、少しでも再来店率の高い方へとBETでき、且つ利益もキッチリ頂戴できる。
一見さんに勝たせる理由なんてどこにもないのです。

 

ただし、女性とご年配のお客さんは逆ですが。



パチンコやスロットにハマり狂っていた当時の自分にぜひ読ませたい教材。これがあったらまず私の人生はもっと違っていたはず。

 

 


広告

あなたをもっとパチンコから遠ざける記事

パチンコ・スロットをイライラしながら打っている客
まあ、そもそもがパチンコ屋はお客さんが負けに来る所なので、イライラしないで打っている人の方が少ないと思うのですが……。
パチンコ屋に一人で来る女性の客
女性はパチンコをやりだすと、男性の倍近くの時間とお金を失うといわれています。なぜでしょうか?
パチンコやスロットを打つ時にパワーストーンをつけている客
やっぱりああいう場所なので、金運系のパワーストーンをつけているお客さんが結構います。ちゃんとカメラで見ていますよ。